人生100年時代の資産形成について考える

人生100年時代の資産形成について考える

「人生100年時代」のライフスタイルの可能性を追い求めています。

【やっと買えた】【実食レビュー】業務スーパー「主婦が絶賛おススメするお惣菜」巻きずし2種類

f:id:sisan73:20211128131117p:plain

業務スーパーといえば、普通のスーパーとちょっと違う魅力があります。

飲食店で使う大容量や海外の調味料やスイーツなどは見ているだけでも楽しめます。

コストコに似たような感覚でしょうか。

そんな中で今回ご紹介するのはお惣菜です。

店内キッチンでできたての手作りお惣菜が並べられています。

味もコストパフォーマンスも抜群な、おすすめメニューをご紹介します。

お料理上手で有名な知人の「主婦が絶賛おススメする」巻きずし2種類です。

 

 

 

業務スーパーのお惣菜

 

業務スーパーのお惣菜には3種類あります。

一つは、調理済み・大容量・冷蔵・冷凍のお惣菜

もう一つは、店内のキッチンで調理したお惣菜

そして、セントラルキッチンで調理したお惣菜

今回ご紹介するのは、セントラルキッチンで調理したお惣菜です。

店舗によって違いがあるようですが店内で作った出来立てのおいしいお惣菜を、お手頃

価格で購入できます。

揚げ物やお弁当、丼ぶり、スイーツなど種類豊富なお惣菜は、どれもおいしくてボリュ

ームもありリーズナブルと好評です。

 

 

 


「主婦が絶賛おススメする」巻きずし2種類

f:id:sisan73:20211128130948j:plain


パッと見た目では、他のスーパーで売ってるものと変わりません。

特筆すべきポイントは、そう値段です!

な、な、なんと、198円です!!

近くのスーパーでは298円で売られていることが多いです。

今回、購入したのは、2種類です。

2種類というのは、「丸々タイプ」と「切り分けタイプ」です。

「丸々タイプ」は、一本そのまんま状態で、「切り分けタイプ」は、よく見かける一口

サイズに切ったもの

両方とも値段は198円

ということなんですが、画像を見てもらえばわかるように、横にしてる分、一切れくら

い少ないです

まあ手間賃ということですかね。

 

具材は、さくらでんぶ・しいたけ・キュウリ・卵焼き・かんぴょう。

巻き寿司の基本な具材ですね。

肝心のお味は、普通に美味しい巻き寿司です。

お料理上手で有名な知人の主婦が「懐かしい味なんだよね~」と言ってたのが分かりま

す。

知らずに食べたら198円とはわからなかったと思います。

 

 

 


感想

 

お料理上手で有名な知人の主婦に教えてもらったのは、まだ暑い夏の日でした。

それから、何十回、業務スーパーのお惣菜売り場に行ったでしょうか。

本格的な寒さがやってきて、とうとう巡り合えました。

美味しかったです!!

 【実体験】本当のリスク許容度【個別株式の恐怖:株価編】

f:id:sisan73:20210822213715p:plain

【2021.8.23.初投稿】【2021.11.26.更新】

 

過去最高値の更新が当たり前のような錯覚を起こしてしまうほど好調が持続する株式市

場ですが、すっかり気をよくして見落としがちなのが保有資産におけるリスク資産の割

合です。アセットアロケーションを大きく超える、リスク資産の割合になっていません

か?いずれ来る「調整・暴落局面」を、いつ来るかいつ来るかとドキドキしている人も

いれば、待ち構えている人もいらっしゃるようです。

こういう時期だからこそ、「リスク許容度」を見直しておきましょう。

そこで「リスク許容度は、実際の暴落局面においてどれだけ正確なのか」について私の

実体験からご紹介します。

暴落前と暴落後の心の動きに焦点をあてて振返っていきます。


 【実体験】本当のリスク許容度【個別株式の恐怖:株価編】

f:id:sisan73:20211020210802j:plain

 


まず、私の場合、シュミレーションサイトでの測定結果としては「リスク許容度」はか

なり高いという判定になります。

「76%/100%」、「5/5」、「積極型」などの判定結果が出ます。

自分自身の評価としても、緊急時に冷静に客観的に対処できるという確固たる自信があ

ります。

では、実際にはどうだったのでしょうか?

コロナショック直前に、日本・外国株式の個別銘柄の買付を始めていますので、その様

子を振り返ります。

時系列で株価の推移と私の行動・心の動きを追います。

2019/7初めて日本株式の個別銘柄を買付外国株式の個別銘柄も調査・観察を開始

この時点の外国株式A社の株価を基準にします

 

2019/12にA社の株価、-10%  【チャンスかも。】

 

2020/1にA社の株価、-18%  【これは良い。チャンス。】

 

2020/2にA社の株価、-31%。ここで初めて買付。  【絶対に買い時。】

 

1週間後、2020/3にA社の株価、-44%。追加で買付。  【ラッキー。このまま買い進

めよう。】

 

2週間後、2020/3にA社の株価、-57%。追加で買付。  【ん?大丈夫か?まあ、少し

買い増しするか。】

 

3週間後、2020/3にA社の株価、-63%。追加で買付。 【 いや、これはまずいな。で

も今さらやめられない。買い増すしかない。】

 

その後、最大-71%まで下落しました。

2021/11時点のA社の株価、-32%。

これだけの好況でも回復していません。

あくまでも、私が観察し始めた基準時点との比較です。


「リスク許容度」を超えた時

f:id:sisan73:20211015190231p:plain



私の場合、基準時点の株価からー50%を超えたあたりから急激に感情が変わりました

恐怖です。

特に2020/3の最大-71%まで下落した期間の、私の心の動きとしては

率直に申し上げますと、まったくダメです。もうビビリまくりです。

なんでしたら恐怖のピーク時には焦点固定、心拍あがりまくり、呼吸忘れる、手が震え

る状態でした。

あの時の感覚、感情は忘れられません。

ずっと気になっているので、夜中に目が覚めるんですね。

ふと目が覚めて、AM1:00過ぎにスマホでチェックすると—71%でした。

そこからは「え~」の繰り返しです。言葉すらでてきません。エンドレスです。

やっと我に返ったAM2:00過ぎ、PCを立ち上げて、全売却しようとしている自分に気付

きました。

全身全霊で衝動を抑え込み、「分かってた事。想定内、想定内。大丈夫、生活には影響

ない。」とにかく思い込もうとしました。

もちろん、朝まで寝ることはできず、出社後もずっと涙目でしたね。懐かしいです。


実際の投資環境

f:id:sisan73:20211125194459j:plain


資産形成に取り組むにあたり、生活防衛資金の確保、投資資金の準備、毎月の追加投下

資金の確保。計算上では、まったく問題ありませんでした。

コア・サテライト戦略を採用していて、A社の買付予定額は、そのサテライトのうち

の、ほんの一角なんです。

米国の高配当株式、連続増配株式に該当する銘柄を保有してみたかったんです。

いろいろ経験して自分なりの投資スタイルというのを築ければ良いなと思っての行動で

す。

それでも、実際の暴落を経験すると、からっきしでしたね。

これが、フルインベストメントだったら、そりゃあパニックにもなりますよ。

 


私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain



まあ、なんと言いますか、いきなり強めの洗礼を受けたというか、本当に勉強になりま

した。

「過信は禁物」です。一番付き合いが長く、裏切らないはずの自分でこれです。

平時に思うのと、有事に思うのは、全然違うということです。別人と言っても良いで

す。

そして、経験が大切だと知りました。経験を通じて知識が知恵になるんですね。

「習うより慣れろ」とか「現地現物」とかいろいろ言いますが本当ですね。

情報を記憶するだけで出来るんだったら、全員プロスポーツマンかつ天才アーティスト

かつ、一流料理人みたいなことですもんね。

資産形成の初期にコロナショックのような暴落を経験するというのは本当の「リスク許

容度」を知る良い機会になりました。

あくまでも、自分の人生・自分の資産です。資産形成を楽しみましょう!

エルサルバドルの法定通貨、ビットコイン

f:id:sisan73:20211003121553p:plain

【2021.10.6.初投稿】【2021.11.24.更新】

 

資産形成においても資産運用においても注目度の高い暗号資産、ビットコインですが

中米エルサルバドルで、ビットコイン法定通貨となったことに世界が注目していま

す。2021/11/23最新の記事が出ていますのでご紹介します。

 

中米エルサルバドルでは、2021年9月7日からビットコイン法定通貨となりました。

国内外から批判的な意見が多いようですが「通貨」としてと「テクノロジー」としての

観点から考えてみます。

 


まず、エルサルバドル法定通貨について、おさらいします。

2001年に自国通貨コロンを放棄し、物価安定策としてドルを法定通貨にしました。

そして、2021年9月7日からビットコイン法定通貨となりました。

現在は、ドルとビットコイン、2つの法定通貨が併存する異例の体制となっています。

 

次に、通貨について、おさらいします。

お金には主に3つの性質があります。

1. 物と交換できる性質:決済手段

2. 価値を蓄えることができる性質:価値保蔵

3. 物の価値を決めることができるという性質:価値尺度

簡単に表現すると、

すべての人にとって貨幣として認められ、他の人の所に持ってゆけば一定の有用性、使

用価値を持ったどのような財とも交換可能ということです。


では、記事をご紹介します。

エルサルバドルビットコイン法定通貨にすべきでない=IMF

jp.reuters.com

国際通貨基金IMF)は22日、エルサルバドルに対する2021年の4条協議(経済審査)の結果を発表し、「ビットコイン法定通貨として使用すべきでない」との見解を示した。

 

IMFは「ビットコイン相場の振れ幅の大きさを踏まえると、法定通貨としての使用により、消費者保護や金融の安定性に大きなリスクが生じ、(国家)財政に偶発債務も発生する」と指摘。

 

その上で「ビットコイン関連法の射程を狭め、新たな決済システムに対する規制と監督を強化するよう推奨する」と述べた。

 

エルサルバドルのブケレ大統領は2日前、ビットコイン建ての国債を発行して資金を調達し、世界初の「ビットコイン・シティ」を建設する計画を表明したばかり。

 

 

 

ご指摘の通りだと思うんです。

通貨の3つの性質のうち、どう贔屓目に考えても「価値保蔵」、「価値尺度」という機

能に支障をきたす可能性が高いですよね。

 

 

 


アングル:エルサルのビットコイン「実験」、国内の格差映し出す

続きを読む

【実話】【感動】家計管理にまつわる家族の話

f:id:sisan73:20211121162021p:plain

資産形成から家計管理を考えるとシビアな話になります。基礎の基礎、土台部分ですか

ら必然かもしれません。

しかし、生活者の視点では世帯の数だけ違うパターンがあり、ドラマがあります。

今日は11月22日、そう「いい夫婦の日」ですよ。

最近、聞いた「夫婦関係の」ほのぼの心温まるお話をご紹介します。

 

 


家計管理のパターン

f:id:sisan73:20211121162955j:plain

何の根拠もない完全な私の主観だけの話です。

片働き、共働き、夫管理、妻管理、共同管理のいろいろなパターンがありますね。

その中でも、強弱や割合による違いもあるようです。

また、時代による変化も感じます。

私のような昭和世代では、夫片働き・妻管理が理想のパターンというか、良い夫婦・良

い家庭像の典型という意識があります。

現在では、共働き・妻管理がポピュラーな形態であるようです。

ここですよね。「妻管理」は変わってないんですよ。

なにか「男がお金のことを言うのは格好悪い」「嫁が全部やってっから。」というのが

男気あるみたいな風潮が根強いです。

とかなんとか言いながら、なんとかして妻の目を盗んで、ちょろまかして、という動き

をするのが男の浅はかな考えです。

頑なに収入を教えないという方が意外と多いです。ひょっとすると多数派かもしれませ

ん。

さらに、夫は極端な場合が多いように感じます。

夫管理でビシッと円単位で管理して家庭の備品在庫まで把握して統率しているパターン

と、妻管理で完全に依存し、もう何にも分かりまへんねん。振込みも引き出しもできま

へん。パターンです。

不思議なことに何にも分かりまへんねん。パターンの人でも仕事バリバリにこなす方も

多いんです。

男という生物の生来の特徴なんでしょうか?

おそらく、妻に依存してるんですね。甘えちゃうんですよ。男というものは。

優しく怒って面倒みて欲しい。という部分でしょうね。気持ち悪いですけれども。

なんにせよ、どちらかが、もしくは共同で管理はしないといけない訳ですが単純に得意

な方が担当すれば良いと思います。

ただ、家計管理はとても大切で、場合によっては家族の関係性にも影響するようです。

最近、聞いたほのぼの心温まるお話をご紹介します。

 

 


家計管理が夫婦の絆を強くした

f:id:sisan73:20211121163047j:plain



共働き・妻管理のケース

 

中学生・高校生のお子様のいらっしゃる女性は、とても怒っていました。

夫の要求はあまりにも理不尽。本気で離婚を考えている。

共働きで家事も家計管理も頑張っているのに文句ばかりつけてくる、協力してくれな

い。家計の現状を知ろうとせず、いつも要求ばかり。

ある時、意を決して話合いをしたそうです。

そこで、家計の現状を全部話し、不安も不満もぶつけたそうです。

そして、要求しました。

「家計管理を共同管理にしたい。」と

話し合いは夜通し続き、その日は夫婦ともに徹夜で仕事に向かったそうです。

しかし、そこから夫が激変しました。

もともと、貧乏性というか節約志向の強い方だったようで、今では妻の私が注意される

こともあるとのこと。

冗談めかして話す彼女は充実感があり満足そうでした。

 

 


私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain

私たち生活者の家計管理では世帯の数だけ違うパターンがあり、ドラマがあります。

資産形成から家計管理を考えると基礎の基礎、土台部分ですが、家族の関係性にも大き

な影響を与えるのですね。

だからこそ、理論上、数値上に捉われすぎず、柔軟に取り組んでいきたいですね。

自分の人生・自分の資産です。資産形成を楽しみましょう!

【決定版】ダイエット中の夜食 ~簡単なのに満足感たっぷり~

f:id:sisan73:20211120191934p:plain

資産形成の視点からダイエットに取組んでいる私にとっては長く継続できる工夫がとて

も大切です。

ですから「突発的な欲動への対応」「簡単にできる」「満足感が高い」というのは重要

なキーワードなんです。

今回は、夜なのに空腹にどうしても勝てない時の最終手段をご紹介します。

 

 

【決定版】ダイエット中の夜食 ~簡単なのに満足感たっぷり~

 

結論から言います。

「鶏胸肉(皮なし)のレンチン5分」です。

もう、これ一発です。

満足感がすごいんです。

しかも美味しいんですよ。

では、順番にご説明していきます。

 

 


なぜ?鶏胸肉皮なし??

 

これは、単純にカロリーがまったく違うからです。

「カロリーSlism」より引用して比較してみます。

 

【鶏胸肉(皮なし)】

皮を取り除いた鶏胸肉には、ナイアシン・ビタミンB6・パントテン酸・リン・カリウム

等の栄養が多く含まれる。

 

皮なし胸肉一枚のグラム数は160~240g、カロリーは170~260kcal。

タンパク質  22.3g (89.2kcal)

脂質  1.5g (13.5kcal)

炭水化物  0g (0kcal)

PFCバランスは、P:83%、F:13%、C:0%

優秀ですよね。

 

【鶏胸肉(皮付き)】

 

皮付き胸肉1枚のグラム数は200~300g、カロリーは380~570kcal

タンパク質   19.5g (78kcal)

脂質   11.6g (104.4kcal)

炭水化物   0g (0kcal)

 

PFCバランスは、P:41%、F:55%、C:0%

少し厳しめですね。


脂質が10g増えた分、約80kcal増えています。(脂質1gにつき9kcal)

全体では、同じ100gあたりで+80%のカロリーアップです。

という訳で、鶏胸肉(皮なし)を採用しています。

 

 

 

作り方

 


①皮をとりのぞいた鶏胸肉を耐熱タッパに入れる。

②鶏胸肉が半分つかる程度の水を入れる。

③電子レンジで2分30秒、加熱する。

④裏返して2分30秒、加熱する。

⑤フタをして5~6分放置。

 

 

 

 

ポイントは「味付け」

 

「味付け」とはいっても調味料をかける(つける)だけです。

洋の気分の時:ケチャップ・マスタード

和の気分の時:わさび醤油

中の気分の時:ごまだれ


私の現在のおススメは、「わさび醤油」です。

なんとも言えない絶妙なハーモニーです。

下手をすると「わさび醤油」に一番合う食材は「鶏胸肉」かもしれません。

だまされたと思って一度だけでも良いので試してみて下さい。

 

 

 


私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain



資産形成とダイエットはとてもよく似ています。

ごく普通の一般的な人にはゆっくり、ゆっくり長く継続して成果を出すのが最適です。

ですから「突発的な欲動への対応」「簡単にできる」「満足感が高い」というのは重要

なキーワードなんです。

工夫を凝らし、自分と向き合い、日々すこしづつ成長していく・・・。

ご参考になりましたら幸いです。

 

資産形成における出口戦略 【コツコツタイプの注意点】

f:id:sisan73:20210905193259p:plain

【2021.9.6.初投稿】【2021.11.18.更新】

資産形成に取組む人は着実に増えています。

多くの場合、目的は「老後資金」ではないでしょうか。

しかし、目的の後、つまり「出口」を意識している方は少ないようです。

そこで、今回は「老後資金」の「出口戦略」について説明します。

 

 

 

 

資産形成における出口戦略 【コツコツタイプの注意点】

f:id:sisan73:20211117212517j:plain

結論から言います。

理想的な「出口戦略」とは老後までの長期間にわたる資産形成を通じて、

自由に豊かにお金を使える環境とスキルを準備することが大切です。

そのためには、

使うのが得意なタイプの方は、積み上げた金融商品を定期定率で取り崩していく

貯めるのが得意なタイプの方は、配当がでる金融商品を一定割合保有する

というふうに、自分のタイプを知って工夫することが重要です。

特に貯めるのが得意なタイプの方が苦戦をしてしまうようですよ。

人生の後半戦に思わぬ後悔をしないように今から出口戦略をイメージして準備するよう

にしましょう。

では順番に説明していきます。

 


使うのが得意なタイプ、貯めるのが得意なタイプ

f:id:sisan73:20211117212544j:plain

使うのが得意な方、貯めるのが得意な方がいらっしゃいます。

使うのが得意なタイプの方は「必要な時に必要な額を使う」タイプ

資産形成の初期段階には少し苦戦をしそうですが、今回のテーマでは問題ありませんの

で、ここでおきます。

貯めるのが得意なタイプの方は「物欲がすくなく、無駄なお金はつかいたくない」タイ

使うよりは貯めておく方が安心するのでお金は貯まっていく、つまり残高が増えてい

くのに慣れています。

 

 


出口戦略から考える資産形成の選択肢

f:id:sisan73:20211117212632j:plain

貯めるのが得意なタイプの方は資産形成期とは相性が良く、取り崩し期が苦手となりま

す。

資産形成期を順調にクリアして、いざ取り崩す、使うタイミングで抵抗感が強く躊躇

てしまう。

資金枯渇に対する恐怖ですね。これは現役期よりも強くなると思います。

収入を得る手段が減っていくからですね。

資産形成期に暴落がおきた場合も同じ抵抗感が出てきます。

積み上げてきた資産が、数十%減ってしまうからです。

根本的な性質が「使うよりは貯めておく方が安心」だからですね。

少しずつ積み上がっていく状態、一定以上の規模がある状態が安心なんです。

少しずつ取り崩して減っていく状態、一気に資産が目減りした状態には強い抵抗感があ

ります。

一方で、個人投資家が長期的な資産形成に取組む場合は、

全世界株式や全米株式の指数に連動するインデックス型の投資信託を定期定額積立購入

で配当再分配して積み上げる。そして、出口戦略として、定期定率で取り崩していく。

という手法がトータルリターンに優れているといわれます。

ここがポイントです。ミスマッチだと思うんです。

出口戦略の部分です。貯めるのが得意なタイプの方が強い抵抗感がある状態を続けてい

ということです。

とはいえ、預貯金だけでは、将来をみすえた場合に、生活の維持は難しいという見通し

をもち資産形成を通じて、多くを学び、経験し、豊かに、幸せに過ごすために、投資に

取り組んでいるのですから、頭では理解していますし、理屈もわかっています

それでも、どうしても、心理的な抵抗感が強く、ストレスを感じるようでしたら、無理

しなくても良いんです。

生活者としての個人投資家が、効率的な投資を100%実行しなくても良いんです。

あくまでも資産形成を通じて、多くを学び、経験し、豊かに、幸せに過ごすために、投

資に取り組んでいるのですから、

長い期間を継続して取り組み続けるのに、強い心理的な抵抗感は不要なストレスです。

 

 


私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain

私はリタイヤ期に入ったら、気持ち良く自由にお金を使うスキルのあるなしが生活を豊

かにするか、貧しくするかの差となるとも思います。

ですから、求めるべきは効率的にトータルリターンを狙うことではなく、自由に豊かに

お金を使える環境とスキルを準備することです。

対策としては、

「資産形成期から意識的に「使う」ことに慣れていく」

想像以上に長い年数が必要だと思います。少しずつ、少しずつ「必要な時に必要な額を

使う」ことに慣れていく習慣をつけるんです。

「配当がでる金融商品を一定割合保有する」

投資元金を崩すことに抵抗がある場合には、利子や配当金の収入割合を多く確保するこ

とで、その分は罪悪感なしに自由に使えるようになりますよね。

必要な資金をすべて配当金で賄えれば言うことなし、半分・一部でも良いと思います。

気持ちのケアですからね。

あくまでも、自分の人生・自分の資産です。資産形成を楽しみましょう!

 

資産形成におけるアセットアロケーションの重要性

f:id:sisan73:20211115204036p:plain

【2021.8.4.初投稿】【2021.11.16.更新】

引き続き絶好調の株式市場に対して、乗り遅れることを焦る方もいれば、高値掴みを恐

れる方もいらっしゃると思います。

どちらが正しいのかは神のみぞ知るということでしょうか。

一方、「マーケットタイミングよりもアセットアロケーションが結果に影響する」とい

う説は誰もが知るところですね。

そこで、今回は「アセットアロケーション」について説明します。

 


アセットアロケーションとは何か?

f:id:sisan73:20211115202204j:plain

アセットアロケーションとは、運用資金を「どの資産」に「どのような割合」で投資す

るのかを決めることです。

アセットは「資産」アロケーション「配分」という意味です。

資産は、大きく分けて「現預金」「株式」「債券」「不動産」「コモディティ(商品・

金など)」など、同じような値動き・リスク特性を持つ商品のグループのことです。

このアセットアロケーションが資産形成において、とても重要なのです。

タイミングを計って資金投入するよりも、研究に研究を重ねて商品選択するよりも、成

果に影響を与えるとされています。

 

 

 

アセットアロケーションの目的

f:id:sisan73:20211115202252j:plain

アセットアロケーションの目的は、社会・経済情勢や金利変化によるリスクを低減する

ことです。つまり、異なる資産クラスへの分散投資によってリスクとリターンのバラン

スをとるということです。そして自分に合った長期的な資産形成の基本を構築するとい

うことですね。

 

 

 

アセットアロケーションポートフォリオの違い

f:id:sisan73:20211115202328p:plain

とても似ていて、よく使われる言葉に、ポートフォリオがあります。

もともとの語源は、紙ばさみや書類入れという意味で、欧米では紙ばさみに資産の明細

書を保管していたことが言葉の由来とされています。

ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことで、特に具体的な運用商品の詳細な

組み合わせのことをいいます。

つまり、アセットアロケーションで決めた「資産クラスの配分」の内訳として、ポート

フォリオは「具体的な金融商品」を決めたものということです。

 

 

 

 

アセットアロケーションの決め方

f:id:sisan73:20211115202418j:plain

では、アセットアロケーションはどのようにして決めるのでしょうか。

参考事例として、有名なところでは、GPIFでしょうか。

資産構成割合は国内債券・外国債券・国内株式・外国株式を各25%です。

www.gpif.go.jp


ポートフォリオと表記されていますがアセットアロケーションですね。

ですが、私たちのように、生活者としての資産形成でまず初めに考えるの

は、無リスク資産とリスク資産の割合ですね。

無リスク資産のキャッシュ部分をどれだけ確保し、リスク資産の株式部分にどれだけ振

り分けるかを考えることが最も重要な投資判断です。

株価下落時に資産が受けるダメージを決定づけることだからです。

株価下落時に無リスク資産であるキャッシュがとても大切ということです。

ただ、これは人によって大きく違います。

目的・目標、リスク許容度が人それぞれだからです。

そして、アセットアロケーションの検討に「資産形成の目的に沿った、目標を達成す

るため」というのは大原則ですが

3点、注意しておきたいポイントがあります。

 

1点目のポイントは、毎月の収入額と総資産額を把握しておくことです。

毎月の収入額、つまりキャッシュフローが株価下落時に補填できる幅はどれくらいか

また、総資産額のなかでのリスク資産の割合、株価下落時の影響はどれくらいか

 

2点目のポイントは、生活防衛資金は確保した上で、余剰資金を投資資金とする。」

を大前提として厳守することです。

 

3点目のポイントは、出口戦略です。iDeCoやNISAなどの非課税口座の場合、いつでも

自由に現金化できるわけではなく、タイミングも異なります。

ですので、それぞれの口座でアセットアロケーションを完結させるのか、資産全体で捉

えるのかを検討しましょう。

また、資産形成では、税・手数料もまた、成果に大きな影響を与えますから、

iDeCoやNISAなどの非課税口座の枠を最大まで使い切ることを優先すべきですし

最大のメリットである「運用益や配当金にかかる税金が非課税になる」点を最大限に活

用するには長期で最も高いリターンが期待できる株式の割合を高くするべきです。

 

この3点に注意しながら、「目的に沿った、目標を達成するためのアセットアロケーシ

ョン」を決めましょう。

 

 

 

私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain

アセットアロケーションの決定には「資産形成の目的に沿った、目標を達成するため」

という大原則を忘れない。

耳障りの良い情報に惑わされ過ぎて、「商品ありき」のつぎはぎだらけになっていない

かを定期的にチェックする。

また忘れてはならないのが、資金面での制約をきちんと受け入れること。攻める、守る

資金を分ける。

つまり、大局を見据えた視点が大切ということです。

自分の人生・自分の資産です。資産形成を楽しみましょう!

 

 

 ポートフォリオの記事です。ご参考までに。

sisan73.hatenablog.com

 

 

 とても大切なリバランス。ご参考までに。

sisan73.hatenablog.com