人生100年時代の資産形成について考える

人生100年時代の資産形成について考える

「人生100年時代」のライフスタイルの可能性を追い求めています。

【決定版】ダイエット中の夜食 ~簡単なのに満足感たっぷり~

f:id:sisan73:20211120191934p:plain

資産形成の視点からダイエットに取組んでいる私にとっては長く継続できる工夫がとて

も大切です。

ですから「突発的な欲動への対応」「簡単にできる」「満足感が高い」というのは重要

なキーワードなんです。

今回は、夜なのに空腹にどうしても勝てない時の最終手段をご紹介します。

 

 

【決定版】ダイエット中の夜食 ~簡単なのに満足感たっぷり~

 

結論から言います。

「鶏胸肉(皮なし)のレンチン5分」です。

もう、これ一発です。

満足感がすごいんです。

しかも美味しいんですよ。

では、順番にご説明していきます。

 

 


なぜ?鶏胸肉皮なし??

 

これは、単純にカロリーがまったく違うからです。

「カロリーSlism」より引用して比較してみます。

 

【鶏胸肉(皮なし)】

皮を取り除いた鶏胸肉には、ナイアシン・ビタミンB6・パントテン酸・リン・カリウム

等の栄養が多く含まれる。

 

皮なし胸肉一枚のグラム数は160~240g、カロリーは170~260kcal。

タンパク質  22.3g (89.2kcal)

脂質  1.5g (13.5kcal)

炭水化物  0g (0kcal)

PFCバランスは、P:83%、F:13%、C:0%

優秀ですよね。

 

【鶏胸肉(皮付き)】

 

皮付き胸肉1枚のグラム数は200~300g、カロリーは380~570kcal

タンパク質   19.5g (78kcal)

脂質   11.6g (104.4kcal)

炭水化物   0g (0kcal)

 

PFCバランスは、P:41%、F:55%、C:0%

少し厳しめですね。


脂質が10g増えた分、約80kcal増えています。(脂質1gにつき9kcal)

全体では、同じ100gあたりで+80%のカロリーアップです。

という訳で、鶏胸肉(皮なし)を採用しています。

 

 

 

作り方

 


①皮をとりのぞいた鶏胸肉を耐熱タッパに入れる。

②鶏胸肉が半分つかる程度の水を入れる。

③電子レンジで2分30秒、加熱する。

④裏返して2分30秒、加熱する。

⑤フタをして5~6分放置。

 

 

 

 

ポイントは「味付け」

 

「味付け」とはいっても調味料をかける(つける)だけです。

洋の気分の時:ケチャップ・マスタード

和の気分の時:わさび醤油

中の気分の時:ごまだれ


私の現在のおススメは、「わさび醤油」です。

なんとも言えない絶妙なハーモニーです。

下手をすると「わさび醤油」に一番合う食材は「鶏胸肉」かもしれません。

だまされたと思って一度だけでも良いので試してみて下さい。

 

 

 


私の意見

f:id:sisan73:20211115202452p:plain



資産形成とダイエットはとてもよく似ています。

ごく普通の一般的な人にはゆっくり、ゆっくり長く継続して成果を出すのが最適です。

ですから「突発的な欲動への対応」「簡単にできる」「満足感が高い」というのは重要

なキーワードなんです。

工夫を凝らし、自分と向き合い、日々すこしづつ成長していく・・・。

ご参考になりましたら幸いです。