人生100年時代の資産形成について考える

人生100年時代の資産形成について考える

「人生100年時代」のライフスタイルの可能性を追い求めています。

空腹感を克服した3ステップ

f:id:sisan73:20211016191952p:plain

夜に空腹を感じる、我慢ができないと悩んでいませんか?

この記事で紹介する『空腹感を克服した3ステップ』を実践すると、誰でも簡単に空腹

感を克服することができます。

なぜなら、私も今年の春頃から実際に実践して、夜食を食べない生活に成功したからで

す。

この記事では、満腹を感じるポイントを2つ紹介して、満腹感を得られる食材を2つをご

紹介します。

今後は空腹感で悩むことは一切なく、ダイエットに取り組むことができます。

 


満腹感を得られる方法  一般論

 

まず、満腹感を感じるポイントは2つあります。

満腹感を感じるメカニズムは複雑で、理由はひとつではありません

人の満腹感は、生理学的には「胃のふくらみ」と「血糖値の上昇」のふたつの要素で決

まるといわれています。

「胃のふくらみ」とは、食べ物で胃の中がいっぱいになってくると胃壁が膨らみ胃の迷

走神経(副交感神経)を通じて脳に伝わって、満腹感を感じるというものです。

「血糖値の上昇」とは、食事をすると食事の中の糖類が分解されてできるぶどう糖(グ

ルコース)が血液によって運ばれ、脳に到達すると満腹感を感じるというものです。

 

つぎに、満腹感を得られる食材は2つあります。

「食物繊維が多い食材」と「低GI食品」です。

「食物繊維が多い食材」は食物繊維を多く含むためじっくりと消化されていく特徴のあ

る食材です。

消化に時間がかかるので腹持ちがよく満腹感が持続します。

低GI食品」は血糖値をゆっくり上げていくことで空腹感を抑え、満腹状態がゆるやか

に持続します。

そして、食べ方としては、良く噛んで食べること、主食を中心にバランスよく食べるこ

とで、腹持ちの良さにも大きくプラスの働きがあるとされています。

ここまでは、よく見る、よく聞くダイエットの基本、セオリーですね。

 

 

新しい方法

 

ここからが、本題です。

私が半年間かけて編み出した、新手法です。

必要なのは、「味噌汁」と「水」と「アーモンド」です。

やり方は簡単です。

①食事の最後に味噌汁で終えること。

②ゆっくり、ちびちびとコップ1杯の水を飲むこと。

③アーモンドを20粒食べる。

これだけです。

空腹感がまったくなくなります。

もちろん、いろいろなパターンで試してみました。

しかし、この3ステップを実行した夜は間違いなく空腹を感じませんでした。


アーモンドを20粒(120kcal)の根拠はこちらです。
アーモンド:60kcal 10g (10粒)

カロリーSlism - 栄養成分/カロリー計算

 


私の意見

 

1~2年前にミールプレップを始めて気合入りまくっていた時期のことです。
タイミングがずれて、卵も納豆も食べずに夕食を終えた時にカロリー計算上では

脂質をほとんど摂取していないことになってしまったんですね。

たまたま、アーモンドがあったので食べたのが始まりでした。

それから脂質がたりないなという時に、アーモンドで調整するようになったんです。

健康維持のためには良質な脂質をある程度摂取することは欠かせません。

ナッツに含まれる不飽和脂肪酸は健康に良い類の脂質とされていますからね。

そこから、時間が経過して去年の冬ぐらいでしょうか。

食欲爆発期がやってきたんですね。

まあ、ほぼ目標は達成していたんで大目にみていたんですが、止まらないんですね。

それで、春先頃からいろいろ試してみて、辿り着いたのが、この手法です。

極端なことや身体に悪そうな要素もないので、良かったら試してみて下さい。

シンプルで満足できる工夫を楽しみましょう。